株式会社重永建設

安心を支える13の技術

1. 地盤調査

基礎を頑丈にしても、それを支える地盤が軟弱では建物は長持ちしません。
当社では、建築前の地盤の固さを一件一件調査し、地盤が弱ければ地盤改良や杭打ち等の適切な処理を行います。調査後、問題ない地盤も処理を行った地盤も10年間の保証付です。
04ansinGijyutu02_M

2. 高耐久性能

基礎高・床下防湿
住宅金融支援機構の基準では、地盤面から基礎天端(てんば)までの高さは240mm以上あれば良いとされていますが、当社では400mm以上を基準にしています。
床下の換気効率を上げ、同時に雨天時の雨水の跳ね返りを防止します。また、全棟ベタ基礎を標準施工としています。
04ansinGijyutu03_M

04ansinGijyutu04_M

04ansinGijyutu05_M

04ansinGijyutu06_M

床下換気
一般には基礎の換気口で床下の換気を行いますが、これでは基礎の隅部分の換気は出来ていません。 当社では基礎と土台の間にパッキンを付ける基礎パッキン工法を採用。建物土台と基礎の間に隙間を作り、効率良く床下の換気をします。また、雨などによる基礎の湿気を土台に伝えませんので土台腐食の心配がありません。
04ansinGijyutu07_M

04ansinGijyutu08_M

乾燥プレカット柱・梁
通し柱や隅柱に三寸角(105×105)の柱、尺モジュールは105角の杉材、梁には粘性のあるベイ松、土台は桧105角を使用し耐久性を高めています。(メータモジュールの場合は4寸角を使用します)
また、使用する木材は全て含水率20%以下(約一年間自然乾燥させた木とほぼ同じ含水率)の優良乾燥材。加工も(財)日本住宅・木材技術センター認定工場のコンピューター管理された機械で加工しますので将来に渡って建物自体に狂いが生じにくくなっています。また、地盤から1m以内の木部と床下地盤を薬剤処理し、建物土台部分の腐食を防止すると共にとシロアリ等の被害から建物を保護します。公益社団法人の5年間保証付きです。

3. 壁体内通気工法

04ansinGijyutu09_M

04ansinGijyutu10_M

目に見えない密閉された壁の中では部屋の外と内との温度差により結露等の家にとっては良くない現象が起きています。ここから発生する断熱材のカビは、家の断熱性能を著しく劣化させるだけでなく、住む人の健康にも悪影響を及ぼします。
当社では、外壁に通気層をもつ壁体内通気工法を採用。この通気層が外部から来る直接的な暑さや寒さから室内を守り、同時に室内や床下の湿気を効果的に放出。住む人にとっても家にとっても快適で健康的な工法です。

4. 高耐震性能

04ansinGijyutu12_M

04ansinGijyutu13_M

04ansinGijyutu14_M
柱の接合
当社では、建物外周部の一階出隅部分の柱と土台の接合に主に木造三階建建築に用いられる耐久性に優れたホールダウン金物を二階建住宅に採用。基礎と土台と柱を一体化させます。また、通し柱でない二階部分の柱・梁・桁の接合には両引き金物を採用し、緊結することで建物をより強固にしています。

5. 床束

通常、床束は大引きと同じ木材を使いますので、木が乾燥すると束と基礎コンクリートの間に隙間ができて床が浮いた状態になり、これが床鳴りの原因にもなっています。
当社の床束は調整機能もついてますので、床鳴り等が発生しても素早く対処できます。
04ansinGijyutu15_M

6. 剛床施工

二階床の施工のとき、一般的には桁や梁の上に角材を釘止めし、その上にフローリング材を貼りますが、これでは二階床の強度は期待できません。
当社では、構造用合板を全面に貼り、二階床を一枚のパネル状にし、その上にフローリング材を貼っていき建物を強固にする剛床施工を実施しています。

7. 防振吊具

一階にいるとき二階からの生活音は結構気になるものです。
これは一般の木造住宅の場合、一階の天井と二階の床を直接梁に固定するため、ちょうど太鼓の表裏の関係になっているからなのです。
当社では、一階の天井をゴムを内蔵した防振吊具で梁から吊って二階からの音や振動を一階に伝えにくくしています。
04ansinGijyutu17_M

8. メーターモジュール対応(120×120角)

住宅建築で最もよく使われている長さの単位は「尺」です。
一尺は約30cmに相当しますので、この単位で建てられた家の六畳間の面積は約9.7平米になります。
メーターモジュールとは、メートルを一つの単位として家を造ります。同じ六畳間といってもその面積は12平米。建物全体の大きさが増えますので建物価格も上がってしまいますが、面積にすると当社は従来よりも1.2倍広く、ゆとりの空間が実現できます。

04ansinGijyutu18_M

04ansinGijyutu19_M

9. バリアフリー設計

保険会社の統計によると、ケガをした場所で意外と多いのが家の中だそうです。
一番安心してくつろげる場所が危ないというのも変な話ですが、家の中のちょっとした段差につまづいて、転んだ先に置いてあった家具の角に頭をぶつけてケガをしたり、打ち所が悪くて、その後の生活に支障をきたすようになった例も少なくないという事です。
当社では、そんな心配が無いようにバリアフリー設計をしています。
04ansinGijyutu20_M

10. Low-E 複層ガラス(全室)

外壁や小屋裏には断熱材が入っていますが、これだけでは断熱効果や遮音効果が十分とはいえません。居室で最も大きな断熱・遮音効果を受け持っているのはガラスなのです。
当社では、全窓にガラスを二重にしたLow-E 複層ガラスを標準採用。
ガラスとガラスの間の空気層で断熱・遮音効果を高め、冷暖房効率を上げると共に、室内の結露も防止しています。また、遮熱高断熱型と高断熱型を使い分けてより快適な空間をつくります。
04ansinGijyutu21_M

11. シックハウス対策

「せっかく新築した家に引越したら体調が悪くなって病院に行ったら、家に原因があって、結局住めなくなった」という何ともやりきれない話を耳にしたことはないでしょうか?
これは建材やクロスの接着剤に含まれる揮発性有害物質が原因となっている場合が多いのです。
クロスの接着剤はもちろんノンホルムアルデヒド。
住む人の健康を第一に考えた家造りです。

12. 24時間換気

平成15年7月の建築基準法改正に伴い、24時間計画換気装置の設置が義務づけられました。 機械の力で風通しを良くして結露を防止したり、建材や家具から出る有害ガス(ホルムアルデヒド・トルエン等)を除去し、より快適で健康な住まいを目指すというのが主な目的です。
当社では「居室内体積×0.5/h」という”熱交換システム”を採用。建材も有害ガスがほとんど発生しないF☆☆☆☆を採用しています。
04ansinGijyutu22_M

13. 長期優良住宅

お引渡し後は当社によるメンテナンスはもちろん、長期優良住宅の厳しい審査を受けるために、安心してお住まいいただける家造りを実施しています。
 
詳しくは 長期優良住宅のページへ→